「知者不言、言者不知」

やっぱり、色々読むけど老子が一番しっくりくるので。
今年は、というか去年の4月からだけど、幼稚園や小学校で役目をいただいてから、
「知者不言、言者不知」
で行きたいなって思ってた。
だけど、語らずにいることって難しい。
リアルには頑張れてもこういうとこで油断して毒を吐いちゃうから。
未熟ですみません。

続きを読む "「知者不言、言者不知」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史に学ぶ

前の記事には,ちょっとつまんないこと書いちゃったな,とか反省した。よくよく考えたら,専業主婦という意味でこれほどまでに等質な集団と初めて交わるわけで,娘が進学したら送迎の必要はなくなるので,これほど毎日交わり,言葉を交わすことはなくなるわけだ。今のうちに彼女らから自分に足りない家事力というか主婦力(?)を学んでおかなければ,などと,積極的な意味を見つけた。
話は変わるが,今日は聖書教会に聖書を読みに行った。聖書は,非常に短いセンテンスの中に実に濃密な教訓が散りばめられているため,独力で適切に理解するのが難しく,当時の時代背景や言葉の隠喩を知る人の解説を受けるのが手っ取り早いと思う。つまり,私が教会に行くのは,伝道を受けることよりも,彼女らの思考様式を学ぶことや西洋のインテリジェンスとして聖書を理解することのためなのだ。伝道しよう,または信仰告白に導こうとする彼女らの努力は大変なものだけれども,あいにく,私には,彼女らが理解不能として神のみわざに帰してしまうようなことについての知識が少しばかりあり,思考停止をよしとしない。それを自覚していながら,彼女らに時間を浪費させてしまうことは,残酷だと思いつつも,彼女らにとってその奉仕もまた神の導きや試練として納得させてしまう聖書の力って偉大だ(怒られそう)と都合よく解釈し,楽観している自分がいる。以上,最初に罪の(?)告白をしておく。

続きを読む "歴史に学ぶ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライフスタイル

There is more to life than increasing it's speed.

-- Mahatma Gandhi

これ,どんな風に訳すんだろうか。私だったら…「速さを追求することだけが人生の全てではない」とか,「人生には速さを追及するよりもやるべきことがある」といった感じ。

オランダから船便の引越し荷物が届き,それらを整理していると,スウェーデンのノーベル博物館で購入したマグネットが他の観光地のものと混ざって段ボール箱から出てきた。このマグネットには,歴代のノーベル賞受賞者の名文が記されている。どうやら夫の琴線に触れた模様,3枚ほど購入してあった。

続きを読む "ライフスタイル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)